常勤監査役へのキャリアを考えています。どんな方が求められていますか?

常勤監査役へのキャリアを考えています。どんな方が求められていますか?

常勤監査役のポジションには、特定の経験とスキルが求められます。以下は、常勤監査役に求められる特徴やキャリア要件の一般的な例です。求める要件は企業毎に異なり、全てを満たしている必要はありません。
 

公認会計士(CPA)の資格

監査業務に関連する知識と経験が求められるため、CPAの資格を持つことが一般的です。公認会計士資格は財務報告や会計プロセスに関する深い理解を示します。
 

監査経験

監査役は企業の財務報告や業務プロセスを監視し、適切なコンプライアンスを確保する役割を果たります。過去の監査経験があると評価されます。
 

コミュニケーションスキル

監査役は取締役会や管理陣とコミュニケーションをとることが期待されます。明確かつ効果的なコミュニケーションスキルが求められます。
 

経営層との信頼関係

監査役は経営層との信頼関係を築くことが重要です。協力的な関係を構築し、アドバイスを提供できる能力が求められます。
 

法務やコンプライアンスの理解

法務およびコンプライアンスに関する知識があると、法的な観点からのリスクを把握しやすくなります。
 

独立性と客観性

監査役は企業の利益とは独立して、客観的かつ中立的な立場を保つ必要があります。利害関係者に対して公正であることが求められます。
 

企業の業界知識

監査役は企業の業績やリスクを理解し、関連する業界の知識が求められます。業界のトレンドや法的な要件に精通しているとより状況把握力に長け、監査役としての価値提供がし易くなります。
 
 
弊社でも同ポジションの支援実績は豊富にあり、以下が一部抜粋です。
やはり会計士系と豊富な監査経験などを有している方が求められている傾向にあり、最終的には経営者との相性によって決定が生まれるケースが殆どです。
 
これらの特徴やスキルは、監査役が企業の財務とガバナンスに対して責任を果たすために重要です。企業や業界によっては、これらの要件に加えて特定の専門性や経験が求められることもあります。
 

その他のスタートアップ転職に関する情報

スタートアップ転職 Playbook ver.1.02023/12/18 10:512024/2/27 15:02
 

加藤 健太

S hire Inc. 代表取締役